Love My Princess

俺の姫君を愛してやってください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

速水もこみち

2007.04.30 (Mon)

mokomiti.jpg

速水もこみち
本名:表もこみち

出身地:東京都
誕生日:1984年8月10日
血液型:B
職業:俳優

Official Website:速水もこみちオフィシャルサイト

more »

スポンサーサイト

誰の声?

2007.04.30 (Mon)

yumeyIcon.pngさて、新しい女の子の話です・・


俺たちの仲間には女傑ミキちゃんを含めて六人の女の子がいます。
個性バリバリの先の二人に対して他の子はパワーダウンじゃないの?
そう思われるかもしれませんが・・
そうだったらよかったんですよ・・マジで。


俺は資料を集めによく地元の図書館に行くんですが、彼女もほぼ俺と同じ日に図書館に行ってます。
ユミィと俺は呼んでます(ゆみ、だから)。


俺はっきりいってユミィとはあんま親しくなかったんですね・・・大学はいるまでは。

なんていうか・・お姉さま方とはまた違って、ほんわか・・っていうか癒し系の感じの子でやたら攻撃的な先の姉さん二人とはまったく別もののようで・・行動は共にしてたんすけど、接し方がわからなかったんです。


まぁ・・そのはずだったんですがね。

more »

髪切り

2007.04.30 (Mon)

mikichanIcon.png「ねぇ、あんたちょっと髪伸びたんじゃない?」
日曜日、俺と女傑ミキちゃんの三人で、家でお茶中にミキちゃんが俺に言いました。


「この前、いつも行ってる美容院行ったけど休みだったんだ」と言うと―

「あぁ、あのイケメン店長が髪切ってくれるとこ?」とその話でしばらくもりあがり・・「じゃあさ、あたしが切ってあげよっか?」






・・・・・・・・・






・・・・・・・・・・ひぃっ






とりあえず、聞こえないふり。
・・すると。

「何シカトこいてんだよ

「こえ~、いいよ~いらない」

と言ったけど、結局、ミキちゃんの押しの強さと、髪のうざさに負けて切ってもらうことに・・・
それが悲劇の始まりでした。

more »

恩重ね

2007.04.30 (Mon)

mikichanIcon.png俺はミキちゃんには二度ほど返しきれないご恩があります。
俺は腹が痛くなりやすい性質なんですが、その日もちょうど激痛が襲ってきてトイレに駆け込んだんですね。
中学時代の話です。

その時は、美術の時間中で、美術ってわりと自由じゃないですか・・トイレ行くにもそんなに恐縮しなくてよかったんでそれは良かったんですけど、いざトイレに入って用をたしても中々痛みがとれないんですよ。
で、しばらくそこで動けなくてトイレの個室でのたうちまわっていました。


そのうちに、戻ってこない俺を心配してミキちゃんが様子を見に来てくれました。

初めは「いる~?大丈夫?」とトイレの外から声をかけてくれてたんですけど、

俺が「ダメ・・死ぬかも」って甘えたことをぬかしたらミキちゃんいきなり男子便所に入ってきて

「ちょっと開けな」

その時、授業中ってこともあり人はいなかったです。
で、開けると、「風邪の腹痛?熱は?」とかいって額触ったりしてくれて、どうやらただ冷えて腹痛おこしたことが分かると、いきなり上着脱いで自分のしてた腹巻(女の子はしてたりするのかな)を貸してくれました。

「あんたそう言えば昔からよく腹痛起こしてた」とか言いながら。

more »

好き嫌い

2007.04.30 (Mon)

mikichanIcon.png「私、今バイトですっごい嫌いな奴がいるんだ」

と、カフェでいつものようにお茶中―
何やらいつもとは違うミキちゃん

ミキちゃん女傑も全くと言っていいほど人の悪いところを見て喋る人間ではないので「嫌いな奴」なんて言葉がもれたのは初めてかもしれないのです。


「どんなの?」と訊くと。


「十九歳の子なのね~もうすっごい嫌なの!」

まだまだその嫌いな奴がつかめません

「どんな風に?」

「あのね、男の子なんだけど悪口しかいわないの」


はは~ん、ミキちゃんとは全くソリの合わない子っすね。

more »

デビッド・ベッカム

2007.04.29 (Sun)

Beckham.jpg

デビッド・ベッカム
本名:David Robert Joseph Beckham

出身地:イギリス
誕生日:1975年5月2日
血液型:
職業:サッカー選手

Official Website:The Official David Beckham Website

more »

オリラジ

2007.04.29 (Sun)

mikichanIcon.pngたくさんいる若手お笑い芸人の中で俺とミキちゃんが大フィーバー中なのが・・オリエンタルラジオです。


いや~面白い!


どのくらいフィーバーしてるかというと―マニュキュアを塗っていたミキちゃんに遊んでもらおうと俺が声をかけると―

「いま、手塗ってるから乾くまで待って!」

まー当然の答えっす。
けど!俺がオリラジの真似してポーズを作ると我慢ができなくなったミキちゃんは立ち上がってマニュキュア無視して拳を作り

「武勇伝!武勇伝!」

二人で踊ります。真似して踊ります。

最近じゃ二人の中ではそれが合図化していて目を合わせれば武勇伝!
外でも家でも武勇伝です!
エンタなんか出てる日にゃ速攻メールがきます!


「見た!?」って


けれどあんまり度が過ぎて騒いで踊っていると・・
後ろから二人して女傑に殴られます
「うるさいやっちゃ」って。

リアル武勇伝にはかなわないっす!

コーディネイトの鬼

2007.04.29 (Sun)

mikichanIcon.pngミキちゃんと買い物にいくことは本当に多いです。

主に衣類、装飾品、香水、雑貨を見て回ります。

そして、本当に助かるのですが彼女は俺の服まで選んでくれます。
俺が服を買う時、ミキちゃんはいつも「今日はどんなの?」と訊きます。

俺はただ―

「今日はギャル男っちいので」
「今日はキレイ目で」
「今日はカジュアル中心」
「今日はカチカチにお堅いの」

などとイメージを言うと、お店をチョイスして、服、靴、香水、ピアス、リング、ブレス欲しいものをみたててくれます。

しかも予算がないときは高いものじゃなく安いものを選んでくれるんですよ~助かります!

そしてそして、何より助かるのが「あ!この服いいな・・けどサイズがちょっとでかいかも」とか「ここの袖のところがもうちょっとなんとかなればめちゃくちゃかっこいいのになぁ」とか言うと


「じゃあ、あたしが直してあげるよ」って


彼女は一応、服飾科なので・・直してくれるんですよ。
最近じゃ手作りのピアスを作ってくれたり、才女っぷりをみせつけてくれます。

「ただのお派手な姉さんじゃないんすね・・」
思わずこぼすと・・力一杯殴られました

引越し中のご挨拶

2007.04.28 (Sat)

今日からブログ入り口を開放いたしております。
お久しぶりでございます!

いや~一ヶ月弱くらいこっちのブログデザインと悪戦苦闘しておりましたがまた再開っすね。

はぁ~・・めんどかった・・

タイトルとあったデザインにしようとあっちとんだり、こっちとんだりして素材をお借りして・・
可愛すぎるのもどうなんやろ?と途中から思い・・ドクロマークを自分で作っていれたりして(イメージはLOVEロック?LOVEパンク?よくわからんけど・・目がハートなんすね・・下手糞やけど・・)

その間にちょこちょこ記事を移行させたりして・・うんうん。

あ、タイトルは英語的な意味はあんまないんであしからず・・
なんせ高校時代英語は60点代と70点代の間を彷徨っていた男ですから 笑


まぁそんな感じです・・ブログの表示が崩れてたりしてないっすよね?
あちこちいじったからな~・・
俺のPCだとちゃんと成立してるんすけど。


・・つーか、みんな覚えていてくれてるのだろうか 笑

さてさて、みなさんお越しいただいてまたFC2なんか?と思ったと思いますが・・

more »

長瀬智也

2007.04.26 (Thu)

nagase.jpg

長瀬智也
本名:同じ

出身地:神奈川県横浜市青葉区
誕生日:1978年11月7日
血液型:O
職業:アイドル

Official Website:なし

more »

水泳だ!

2007.04.26 (Thu)

zyoketuIcon.png女傑と温水プールに行くことがあります。
いつも女傑が誘ってきます。

「なんで?」って訊いたら。

「あたし、水につかりたくなる時あんねや。たぶん、前世カエルやったんやないかな」

そういう時の女傑は本気でそのことについて悩み出すので俺も深くは突っ込みません。
が、しかし―。
他のところには突っ込みどころマンサイなのです。


行くと俺が先に海パンに着替えて待ちます、彼女はいつもなかなかでてこないんですよ。
しかも出てきたと思ったら、


なんや!その水着は!


スクール水着みたいなやつで、胸のところの名札に女傑の名前がデカデカと平仮名で・・

しかも、それ中学時代のとかじゃないんすよ。
わざわざ新品買いにいったって言ってました。

まぁいいっす。格好じゃありません。
オレンジ色の水泳帽がやけに気合はいってるけど
・・気にしちゃいけませんよね。

そんで「じゃあ入ろう」と言うと。

「ちょっと待て」と女傑。
「まだ準備体操してへんやん」

more »

コンビニの女

2007.04.25 (Wed)

zyoketuIcon.png俺と女傑は一緒のコンビニでバイトをしていたことがあります。

一緒のシフトで入ることも多かったです、仲が良いので必然的に組まされていたんでしょうね。

しか~し!
女傑とのバイトは、はらはらさせられっぱなしです。

ある時、俺がレジで女傑がドリンクの補給を担当していました、その時間帯って全然人がこなくて暇さ百パーセントなんですよね。
だから、俺も何気なく店内をブラブラ歩き回って新発売の菓子とかをチェックしていたら―

「さぼっておるな?」
どこからともなく声が・・

え?

と思って辺りを見回すが誰もいません。
・・辺りを見回し、きょろきょろします。するとあるところで視線が固まりました。

その時、俺はあまりの驚きで叫んでしまいました。


「うわ!!」


それはドリンクの冷蔵庫です。
いつもはドリンクが入ってるところから、ウネウネ手が出てるんすよ!
一瞬、化け物かと思いました!

で、手を引っ込めたら今度はいきなりドリンクとドリンクの間から顔を覗かせて

「さぼってんじゃないよ・・」

あんたに言われたくないです

more »

きらきらアフロの虜

2007.04.24 (Tue)

zyoketuIcon.png知ってのとおり、女傑はあ~ゆ~自分自身笑いを極めたような人ですからお笑い番組を観ても、めったにはまったりしません。

・・俺とミキちゃんの後ろから見ていて「ふ・・・」程度はありますがね。

けど!一つだけ女傑がはまりにはまっている番組があるのです!
もちろん、俺とミキちゃんも大好きですよ。

その番組とは・・・


「きらきらアフロ」です。


知ってますか?
パーソナリティはオセロの松嶋さんと鶴瓶師匠の二人で、彼らが日常起こった面白い話をトークするという番組です。

これがまた面白い!
下手なコントよりずっと笑えます


そして、この前のことです―
女傑が、その「きらきらアフロ」の始まる時間までうちにいて帰りはぐれたんです。
「帰らんの?」と訊くと・・

「今ダッシュで帰ったとして、アフロをニ、三分見逃すやろ。それだけは避けなければいけない事態や」



・・・・・・・・。



まるで地球存亡の危機のような口ぶり・・
まぁ、その気持ちは分からなくもないんですがね。
けれど、そのはまりっぷりはそんなものでは留まらないんです。

more »

危険なアマゾネス

2007.04.24 (Tue)

mikichanIcon.pngミキちゃんは車の免許を取るために教習所に通っていました。

けれど、話を聞くと、身の毛もよだつことばかり・・。
その話とは―。

「ミキちゃん、車なれた?」といつものように遊んでる途中で俺が訊くとオーバーリアクション気味に首を振りながら
「訊いて訊いて!」と彼女は言ってきます。

「何?」って言うと―

「あたし、教官ひいちゃったんだ~あっはっは」





・・・・・・・・。





笑ってる場合じゃね~!!!


詳しく事情をききました。

話を聞くと、どうやら教官は指導のために車から降りて、前から回り込み「君もちょっと来てこれ見なさい」とタイヤと石の幅をみせようとミキちゃんに声をかけたそうなんですが・・。

何を思ったかこの女・・サイドブレーキやらなんやらをひかないまま車から降りようとしたらしく・・


ぼん!


ボンネットに教官がのっていたそうです・・

more »

もう一人の親友

2007.04.23 (Mon)

mikichanIcon.png俺のもう一人の親友はミキちゃんと言ってまさにギャルです。

超ミニスカなんて当たり前の白いギャル。

よりにもよって女傑と喧嘩ばっかりしてます・・
そんな二人の間に入るのはいつも俺なんです・・


うちのほうは田舎(と言っても田んぼやら畑やらで覆われてるわけではないんですが)です、しかしミキちゃんはそれを無視してローライズやらファーやらを纏ってます。


一緒にTSUTAYAなんか行くと一瞬注目を集めます。そんな彼女だから女傑とはまさに真逆!おしゃれ命です。


今年の夏の暑い日のことです。


俺はミキちゃん女傑と一緒に買い物に行くことになってました。

俺が女傑を迎えに行ってそれっから二人でミキちゃんちに行くことに。
女傑を迎えに行くとまだ寝ていて、叩き起こしてひっぱっていきます。

ミキちゃんちにつくとちょっと待ってと言われて、しばらく家の前で待つことに・・そんでガチャってミキちゃん出てきたんすけど・・


唖然!

more »

うたう女

2007.04.22 (Sun)

zyoketuIcon.png女傑はよく鼻歌を歌っています。
鼻歌っていっても口で歌詞つきなんですけどね。
鼻歌っていうのか・・?
それにただ歌うだけではないんです。


俺の部屋で女傑が借りに来た参考書を探していたときのことです。
俺が参考書を見つける間、どうやら暇だったらしく女傑はいきなり…


「あなたが!」


びくっ!!

・・いきなりなんですか?
びびりますよ・・

「もした~び立つ!その日がいつ~かき~たら~そこ~から二人では~じめよう♪」

浜崎あゆみです・・
いきなり歌いながら部屋の中を縦横無尽に舞っています。
歌にあわせて俺の方に手招きしてます。

でも・・一節しかうたいません・・歌い終わった後は―

「私、個人派やねん・・もし旅立つなら一人でさっさとでかけてまう」

ひとり言で感想をもらします。
あなたなら一人でも十分です・・


そして、またある時は―

more »

耳たぶをぶちぬく

2007.04.22 (Sun)

zyoketuIcon.png俺の耳にはピアスホールが開いています。

十八の時に開けました・・
・・いや、正確には女傑にあけられたんです!
まぁ俺も自分で開けるとは言ったんですけどね。


ある日、俺が何気なく「ベッカムかっこいい~よな~俺もピアスしたいな~」と呟いたらそれを聞いていたらしい女傑は翌日、ぶっとい安全ピンを持って現れました。
「なに?」と訊くと

「ピアス・・あけてやらぁ」とにやり



こわっ!



「いい、自分でやる」と言うと

「逃げんじゃないよ。あたしにまかせとき」


・・どーしてあなたはそんなに行動がはやいんすか?
俺にだって心の準備が必要ってもんです。


かく言う女傑の耳にもピアスは三つ開いてます。
高校の時に授業中、安全ピンで友達とあけっこしたらしいです。
そんなワイルドな・・アフリカの民族じゃないんだから・・と思ってましたがその状況が俺にも今まさにおとずれているんです!

「痛くない痛くないただちょっと・・バチン!って音するだけやねん」

「それがいやなんや!!」
叫び声をあげるも女傑にそんなのが通じるわけもありません・・
「いやや~!!!!」



バチン!



・・痛くはなかったです。
血も出ませんでした。
でも音はすごかったです。

そんで、仮ピアスをしてその日は終わりました。

more »

ドラクエプレイ

2007.04.22 (Sun)

zyoketuIcon.png女傑はいまドラクエ8にはまり中です。

この前、ドラクエをやっていた女傑をみたんですけどこれが・・なんともいえない感じなんですよね・・(笑)

プレイ進行はですね(やってない人でこれからやるって人はここでストップしてください)

中ボス戦(ドルマゲス)ですね…その日、俺が行ったら珍しくゲームをやってる女傑が・・

いつも夜、暇な時にやってる女傑ですがどうやらすっかり熱をあげてたみたいです。
で、ちょうどドルマゲスと対戦中。


「やっとここまできたんよ。長いねんこの家・・」


家?・・あぁダンジョンね。
んで初戦、ドルマゲスが分身して三人になって戦闘が始まりました。



「三人!卑怯な!」



ていうかこっち四人だから・・と心の中で突っ込む俺。
なんとなく面白いバトルになりそうです・・
俺はベッドに座って女傑対ドルマゲス戦を見守ることにしました・・

more »

過去を盾にとる者

2007.04.22 (Sun)

zyoketuIcon.png女傑はたまにありえない言動を発します。

こないだ俺がちょっとしたことがきっかけで友達の前でマナー違反やらに熱弁を振るってた時です。

たまには俺もいいこと言うな~と思って自信満々に話を終わらせようとすると。
女傑がにやりと笑っていました。
そして一言、ぼそりと―



「ふ・・元ヤンがよく言うわ・・」



いやーー!慌てて口を封じます・・



またある時は、コンビニで昼飯買って食い終わりのゴミを女傑に捨ててくるように頼むと―

「はぁ・・私みたいなものをこき使って・・やっぱり・・怖いね~・・」

明らかにからかってます。楽しんでます。
だから俺は。

「小学生の時、給食委員長やったろ!」

「そんなことですべては帳消しにならん!」

二人はいつもこんなガキくさい喧嘩をしています
・・でも楽しいんですよ

泣かせるぜ・・

2007.04.21 (Sat)

zyoketuIcon.png俺は昔、ギャル男っていうか見た目が少し派手でした。

髪の毛も痛んで途中からぽきって折れるぐらいに金色に染めてたし、肌の色も元々地グロな上に今よりも、もうちょっと黒かったです。

でも、そんな風な格好をやった直後「はぁ~」って少し後悔してた時がありました(似合う似合わないは別としてちょっと恥ずかしくなったんです)。


一番最初に女傑にその姿を見せた時は爆笑されました。
でも、俺が「やらなきゃよかったなぁ~明日から学校この格好でいくのか・・」ってちょっと落ち込んでいたら女傑は―

「ばかもん!大の男がぐじぐじそんなことでうっとぉしいやっちゃ!」と一喝!
そして・・

「見てな・・」と言い放ち俺はドラッグストアに連れてかれました。

何するんだろ?と思っていたら、ブリーチ剤コーナーの方に行きます。そして一言・・

「あたしもキンパにしてやらぁ~」

なんですと!?

more »

駆け抜けろ!

2007.04.21 (Sat)

zyoketuIcon.png女傑はこの頃、やたら走っています。

「トゥルー・コーリング」のトゥルー・デイビーズに負けないぐらいの走りっぷりで、「キューティー・ブロンド」のエル・ウッズに勝るとも劣らないかわいい理由です。

俺がそれに気づいたのはこの前、女傑と一緒に昼飯を食べて店を出たときです。

昼飯食べるんで女傑を呼び出して店の中で待っていると、三十分ぐらいしてからやって来ました。

「おそかったね」と俺。

「まあな・・」と少し元気のない女傑

何か様子はおかしかったけどいつものことなんでそこは・・スルーです。
まぁそんなんもありつつ二人でトンカツ食いました。
しかし、その後が予想外だったのです。
お会計もし終わって店から出ると。
女傑は―

「じゃ、あたし帰るわ」と言い出します。



え?
一緒に帰るんじゃないの?



と思う俺。
・・でもまぁ用事あるんかな?と思って見送ることに・・
そんで俺が彼女を見送る為にしばらく様子を見ていると―。


いきなりダッシュ!


しかも走り方が微妙に変です!
上体を直立不動のまま足だけ動かしてる感じ


てか、こっから家まで走ってくの!?
俺はチャリできていたので急いで後を追いかけました。

more »

眠れる森の・・

2007.04.20 (Fri)

zyoketuIcon.png強くておかしな俺の親友女傑は、よく俺の部屋にきて、俺のベッドに入り、俺の抱き枕を使って昼寝してます。

ある日、レポート提出期限が迫っていてテンパッていた俺の元に女傑がやってきました。

「よっ!」

俺が「何しにきたんじゃい?」と訊くと―

「いや~まぁ今頃レポートで苦しんでると思ったんで・・激励にな」
ちょっと優しい。そして女なのに男前なお言葉。

・・でも。
・・十分もしないうちに寝てました!

俺がカリカリ必死で資料を書き写しているすぐ横で、でも静かだからまぁいっかなんて・・・



甘いっす



俺が資料の解釈が分からなくて、ちょっと無言で考えている時―


「ふんごー!かーっ!」


びくっ


「なんやねん?」と思って見てみると・・
女傑がいびきをかいてました。

ふんごーって息詰まってたよな・・大丈夫かいな??
とは・・思いつつも・・まぁ、それどころじゃないです俺は。
いびきはうるさいけど無視無視。そして俺がまた資料に向き合い集中し始めました―すると今度は。


「ふん!ふん!」


今度は鼻息が、やっぱり何か詰まってる?鼻くそ?

つーか・・気になって集中できひん!!

まぁ、そんなこんなでも一応ぎりぎりレポートはできました。
そしてそれを開いている郵便局に持っていったんですが、その帰り道。

一緒についてきた女傑は・・

「まぁ、私のおかげやな」

そんな本気な女傑が大好きです・・
・・とんだスリーピングビューティーがいたもんですな

恋する乙女

2007.04.20 (Fri)

zyoketuIcon.png強くて笑える俺の親友、女傑も恋してたときがありました。

たぶん、俺が一番身近でその恋を聞く羽目になった被害者です。

恋してるときってやっぱり女傑も女の子やな~って感じでした。


相手は俺の友達です


最初からそーいえばな~んか変だったんですよね・・今思えば。
初めての顔合わせの時も、普段からオトコに全く媚びない女傑なんですがその時はなんかもじもじしてて

・・まぁ、顔はめっちゃ好みなかんじだったんでしょ~がね。

more »

メールだ!!

2007.04.19 (Thu)

zyoketuIcon.png女傑の送ってくるメールは少しおかしいです。

例えば、俺が「今どこにいるの?」と送った時のことです。
女傑からのメールはいつも超っ早でかえってきます。



文面、「家」



一文字かよ!

・・けど下にまだスクロールできるスペースが・・。
なんだよ、これ・・と思ってずっと下までたどっていくと―
最初の「家」から十行ぐらい何も書かれていない余白があり、その後に


「…このまま家にいてもいいと思いますか?
はい
いいえ」



せ・・選択肢ガビーン
・・・気づかなかったらどうすんだよ~みたいな・・
一応「はい」ってメールタイトルにいれました。
けど、次のメールでは俺の返答完全無視で次の話題にいってます。

またある時は・・

more »

しっかりもの

2007.04.19 (Thu)

zyoketuIcon.png最近、女傑はお金を貯めはじめました。

できるだけ節約して貯金しています。偉いなぁ~って、感心です!

髪も自分で切っています。
だから顔はきれいなのに髪型はこけしみたいです。

「トップモデルみたいやろ?」って言います。

でも、俺には「前髪ぱっつんヘルメット」みたいにしかみえません!

それをぶっちゃけたら軽く首をしめられました。ちょっとは気にしているようです

貯めたお金は自分で保管してます。
「銀行に預けないの?」と訊くと

「銀行は信用ならん!問題ばっかり起こしてる!」

と憤慨しながらディズニーランドのお菓子の缶で保管してます。銀行よりディズニーに頼ってます。

「危ねーから…」と俺が言うと

「そうかなぁ・・」と最近は預けるか迷ってるみたいですけど

でも、なんで金貯めてるんだろ?
「なんか買うの?」と俺が訊きました。

すると、女傑は真顔で答えます。


「老後にちょっとな・・」


今からっすか!?


・・その金が本当のところ何に使われるのか俺は知りません。
もしかしたら本気なのかも・・。
計り知れないです。

ダンシング

2007.04.19 (Thu)

zyoketuIcon.pngこの前、女傑と買い物に行ったとき、店の中で他の客にかまわずパラパラの練習をする人たち(ギャル男二人組み)がいました。


その時に彼女は
「こんなとこでせんで外でやり!モラルにかけるわ~」
と愚痴をこぼしていました。


昨日のことです。

学校からの帰り道電車の中で偶然女傑と会いました。
俺たちの地元の方はわりかし田舎で、曜日と時間帯(お昼前後)によっては電車の中がガラガラになることがあります

俺たちは先頭車両に乗っていたんですけど、ある駅を通り過ぎると客は俺と女傑の二人だけになりました。後の車両にはお客さんはちゃんといました、それでもガラガラだったんですけどね・・

そしたら―。
何を思ったか女傑さん・・

いきなり携帯の着メロ(明らかにパラパラ風な曲)をかけだして、


「ちょっとみてて!」


とパラパラを踊り出したんです!!
俺はおろおろ・・だって客はいないにしても、運転席に運転手さんいるんですよ!

「どう?この前、友達にならったんよ!」

いや・・「どう?」も何も・・

あなた数日前に・・何を愚痴ってたんすか~

彼女の出たり引っ込んだりするモラルに何も言えなくなる俺でした。

親友、女傑の武勇伝始まり!!

2007.04.18 (Wed)

zyoketuIcon.png俺には、親友の女の子がいますっ!
同級生です!小学校から一緒です!


女の子……女? いやいや、立派な方です!


でもちょっと・・

大暴れをしすぎます~!

しかもやることなすこと俺から見てもはちゃめちゃなんです!

ここではその女傑のことを書きたいと思います!

この前のこと、俺と女傑は一緒に飲みに行くことになりました。飲みに行くのは電車で一駅のところといつも決まってます。二人で駅に行って改札口を通ってホームに行くと、途端に彼女がそわそわしだしました。なんだろ?と思ってみているといきなり


「ダッシュだ!」


腕をつかまれ全力疾走!


え~

ホームの一番端っこまで走らされました。
で、俺が「なんでや?」って訊いたら女傑は答えたんです。

「見張りのカメラに映ったらダメじゃい!いつ何時何をしでかすか分からん!」って


・・・・・・・・。


確かに監視カメラはそのホームの端っこまで来ると全部背を向けていて映していませんけど・・
・・けどね・・そういうことじゃなくて・・


何もしでかさないでくれ!


で、飲み屋についたんですけど彼女はいつも最初にイカを食べます。
イカならどんな調理法でもいいんだそうです。
とにかくイカを食べないことには始まらないんだそうです。
・・ここも変です!

二時間ぐらいそこで二人で飲んでました。

彼女はいつもペースが早いです。

そんで俺がトイレに立ったんすね。
俺、お酒飲むとかなりトイレが近くなるんです!

その間に彼女はまた事件を起こしていました~俺が帰ってきたら隣の席のおっちゃん・・てか、おじいちゃんを何か知らないけど口説いてたんです!!

全然知らない人です・・おじいちゃんかなり迷惑そうな顔してました・・俺は慌てて止めましたよ!

でもそういうことはかなり日常茶飯事な人なんです!
だから彼女は変っす!完全無敵です!

…ある意味凄い奴です

 | HOME | 

meromero park

Livly Island

link banner

懸賞・小遣い ちょびリッチ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。