Love My Princess

俺の姫君を愛してやってください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

過去記事終了

2007.06.29 (Fri)

やっと・・
やっと・・


終了いたしました。


お久しぶりでございます。
新しい記事を書いたのはいつの事やら・・すっかりとご無沙汰しています。

この度、旧ブログからの過去記事移動が終了しました。
移動させてきたのは女記事関連とイケメン関連、ゲーム関連になってます。
その他の記事は勝手ながら移動させませんでした。

その他の記事は日記要素が強いので今更って気がしたのでね・・

約三ヶ月弱、記事更新をしていなかったにもかかわらず足を運んでくれた方、時々でも覗いてくれていた方、どうもありがとうございました。
これからは前と同じように通常更新(一日一回程度)になりますのでよろしくお願いしますね。


more »

スポンサーサイト

奇妙な電話

2007.06.28 (Thu)

zyoketuIcon.pngこないだの出来事です。
その日はコナンの映画がやっていたので俺はそれを女傑と一緒に観ることなりました。
奴の家でね。
始まる前・・大のコナンファンであるリンダの話題になります。

「あいつ、絶対今日もテレビで観てるよきっと」

「うむ。好きやからな・・」

―といった感じで、リンダがすでにテレビの前でスタンバってると予想していた俺たち。
それを確かめようと言うことで、俺たちはリンダに電話をかけることにしました。

アドレスに登録していないというので俺が口頭でリンダの携帯の番号を伝え、女傑がそれにかけます

「せや!知らない番号からかかってきてビビってる筈やから更に驚かしてみるか・・」

そう言う女傑
俺は何をするのかと思って黙ってみてました。
すると―
電話が繋がったと思われたその時女傑は―


「ふぉっふぉっふぉ。ふぉっふぉっふぉ。

ふぉーふぉっふぉっふぉ










女傑、何も言わずに笑い出したのです。
いや・・あんたそれはかなりびびるで・・と思う俺。

しかし・・

予想を反してビビッタのはリンダではなかったのです。

more »

アバウト!

2007.06.28 (Thu)

rindaIcon.png俺の親友で元彼女のリンダはかなりアバウトです。
高校の時に付き合ってる時も思ったけど・・



それでいいのか!



って突っ込みたくなるほどです。
つか、突っ込んでますけどね。
そんでそこに天然要素も加わっているので手におえません。

でも、彼女にはそんなつもりは全くないそうです。
日々精一杯生きているそうっすよ。
そう言ってました・・

more »

インフル中

2007.06.28 (Thu)

zyoketuIcon.pngいつものように帰りがけに「いるかな~?」程度で女傑の家に寄ってみると、なんと!奴は寝込んでいました。

「どうしたん?」と部屋に招かれて訊いてみると―

「インフルエンザになってもうた」



え・・・・・・



「だったら俺家に入らなかった方がええやん」
抗議すると女傑はにやりと笑います。

「ふぉっふぉっふぉ・・一人では死なん」


・・ええ根性してますこと。


まぁ、もうここまで足を踏み入れたので今更逃げ帰ってもどうにもなりますまいと腹をくくってしばしその部屋に滞在することに。
女傑はずっと寝ていた所為で暇やったと言ってました。
いろいろ話をしていたのですがその間、俺は女傑の顔が真っ赤なのがずっと気になってました。

more »

牡丹のぼたもち

2007.06.27 (Wed)

tottiIcon.png今日は夕方頃、トッチが家を訪ねてきました。
手には重箱いっぱいの『ぼたもち』を持ってました。

「今年もこれこさえたから分けに来たぞ」
と言いながら満面の笑み。

そうです。
うちでは毎年、今の時期になるとトッチがぼたもちをわざわざ作って持ってきてくれるのです。

チョコレートだけの付き合いではないんすね。
(過去記事『ぎぶ・みー・あ・ちょっこれいと!』参照)

このトッチのぼたもち甘さ控えめで実に美味いんです。
我らが姫君たちの中では料理に関してはユミィがダントツに上手いのですが、ぼたもちだけはトッチの方が上という気がします。

それを今日素直に口にだしたところ、
「デブだからね」という返事をもらいました。



・・・・・・・・Why?



答えになってないどころか意味がわかりませんや

more »

ぶえっくしょん!

2007.06.27 (Wed)

zyoketuIcon.png昨日は風がびゅんびゅん
花粉もびゅんびゅん

せっちゃんほどひどい花粉症ではないにしても俺も花粉症もち。
たまらずくしゃみがでます。


ぶえっくしょん


横にいた女傑の顔に鼻水が飛んでいきました。
すると―

その瞬間、お返しに頭突きを受ける俺。
そして頭突きの後、顔を拭き拭き言います。
「もう~汚いやっちゃな~」


・・・頼むから口より先に頭を出すのはやめてくれ・・・


頭突きで鼻血まで出しそうになりながら俺は思いました。

ぎぶ・みー・あ・ちょっこれいと!

2007.06.27 (Wed)

tottiIcon.png今年のバレンタイン、トッチは俺にドラえもんのチョコをくれました。

しかしですね・・・。

トッチはそれをラッピングも何もしないままむき出しで俺のとこに持って来ました



・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



やる気ね~・・

ドラえもんは嬉しいんですがもうちょっとさぁ・・
高そうに見えるの買うとか・・
せめてラッピングするとか・・
ないっすか・・ね。


だってそれ・・どう見てもバレンタイン用のチョコじゃない気が・・
いやまぁ・・チョコレートの入ってる数とか考えると案外高価なのかもしれないけどね。

そんな訴えを俺がすると・・

more »

爆弾バレンタイン

2007.06.27 (Wed)

zyoketuIcon.png毎年のように俺が貰ったチョコを奪い、それを全部いっぺんに鍋につっこみ・・溶かして、固め、爆弾のようなチョコを自分のとしてくれる女傑ですが・・今年は違いました。

今日二人でファミレスに行ったときのことです。
ランチを食べている最中に女傑が言ってきます。

「今年も貰ったものを速やかに進呈するようにの!」

きたか・・と思う俺
しかし、今年は俺のほうとしてもちょいと事情が違うんです。

「なあなあ、今年は俺学校にいってないから数が減ると思うんよ・・お義理でくれてた学校の女友達とかともあわないし・・」

すると女傑、しばらく黙ってから口を開きます。
「うむ、そうか・・じゃあミキやユミィにでかいチョコを依頼しとかないとな。数は大きさで補おう」

「いやね・・・そうじゃなくてさ・・女傑も今年は普通にくれないかな?溶かして作るのめんどいでしょ?」

「んん?あたしはいつでも普通だが。それに案外料理もたのしいものだぞ」

・・・・・・・・・・。
・・料理?っつーか・・あれは調合じゃねえか??
と思う俺ですが・・そこは黙っときます。

「まあまあ、たまにはいいやん。市販のとかでも」

「そうか?お前には日ごろから世話になってんねからなそんなんや悪ないか?」

more »

夢の対決

2007.06.26 (Tue)

zyoketuIcon.png突然、女傑が言ってきました。

「なあ、雛人形と五月人形どっちが強いと思う?」


・・・・・・・・・・・・・・・・・。


・・・いや、ありえなくないか?
どんなシチュエーション?
なんでいきなりそんなこと言い出すの?

疑問は数々あります。

けど、女傑の思考回路・・そうやすやすと解明できるわけもありません。

唯一、解明できたのが最後の『いきなり言い出した理由』。
その理由とはテレビで雛人形のCMが流れていたから・・だと思います。
確かめたわけではないので断定は出来ませんが。

「なあ、どっちだと思うよ?」
再び彼女は訊いてきます。

それに答えるのもどうかと思うんですが・・俺は答えました。
しばらく考えてから答えました!!

more »

クレイジー・ガール

2007.06.26 (Tue)

rindaIcon.png「ねえ、あたしのことホントいかれてる!って言ってみて」


・・・・・・はい?


そんなことを突然言い出したのは、出会ったその日に「私のことはリンダって呼んで」と突然言い出したツワモノ―○○リンコさん二十○さい(←俺と同じだから分かるっちゅーねん!)

「え・・いかれてるって気づいちゃったんか?」
俺は訊きます。

すると、リンダは答えました。
「違うよ~今あたしの中でマイブームなんだ~」



・・なにそのブーム・・



奇妙なブームに少々たじろいだ俺ですが・・
話をよく訊いてみるとだんだんその謎のブームの根本が分かってきました。

more »

私は騙されない

2007.06.26 (Tue)

tottiIcon.png納豆事件が報道されて間もない頃、体型を人一倍気にするトッチに会ったので訊きました。

トッチも騙されちゃった一人じゃないの?」

騙されると言ったらあれしかありませんね。
そう・・・


納豆!!


俺はダイエットを人一倍気にしているトッチのことだから誰よりも先にこの情報に飛びついていると踏んだわけです。
しかし、彼女は平然として言います。

「あたしは最初から信じていなかったよ」

おっと・・意外にも冷静・・・?どうしちゃったのトッチ。今までなら痩せると聞けば何でも試してきたあなたなのに・・
と思いきや・・彼女は続けます。

「だってあたし、納豆毎日食べてるんだもん」

「・・・え」

「だか~ら~!あたしはあの番組がどうのこうの言い始める前に検証済みだっつーの!みんな、あたしんとこに来て納豆の効果がいかほどか訊けばよかったんだっつーの!」

「・・・で、実際はどうなの?」

「効いてるように思うのか?」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



・・・みなさん、やっぱり納豆は健康にはなるけど、ダイエットには効かないみたいっすよ。

最初の被写体

2007.06.25 (Mon)

rindaIcon.png携帯を機種変してきました
・・というのも、auから5000円以上の割引券が届いたからです。
どうやら抽選で当たった人に贈られるみたい。

ただ、この割引には少々からくりがあって、
割引券をじっくり読むと対象携帯→指定携帯(複数個あり)への機種変更なら割引されるというものなんです。

幸い、俺のは対象携帯の枠に入っていました。
更にもっと幸いなことに彼氏が前々から同じ携帯にしようと話していた最新携帯が指定携帯の枠に入ってたんです。

・・・ということで早速隣町の電気屋へ行ってきました。

・・で、何故か、電気屋についたときには、横にリンダがいました。
来る途中にばったりあったんです。

「どこかへ行くの~?」と言われたもんですから素直に「携帯を変えに行く」と言ったら「楽しそう~あたしも行くよぉ」と言われ、ついて来たという訳です。

more »

故障の時には

2007.06.24 (Sun)

tottiIcon.pngこのところ俺の使ってるPCが絶不調です。

状況はですね・・
動かないとか止まるとか・・そんなんはないんですけど、黒い画面とか黒が多いページとかに行くと画面がちらついてぶれまくりなんですよ。

だから分かる人にはわかると思いますがバルビとかがね・・ぴ~んち!!

なんだろ・・モニターがイカれてんかな・・他はなんともないんですよ、白っぽい画面なら全然普通に写るし。
は~やだな・・このままぶっ壊れたら・・

いくらくらいで直るんかな。

・・・とそんな話を今日家に来たトッチにも話しました。
そしたらあの女・・何したと思いますか?

more »

勘違いさせる女part2

2007.06.24 (Sun)

rindaIcon.pngこの頃、俺らがサッカーしてるのをよく見に来る女がいます。
そう・・


リンダです。


前回の記事で弁当を作ってきた後ぐらいからリンダは頻繁に参加するようになりました。
参加すると言ってもただ弁当を作って、他の仲間たちとお喋りして帰っていくくらいなんですがね。

弁当や水筒を持ってきてくれるのはありがたいんですが・・・
一つだけ彼女が来ることによって、困った問題が起きているんです。

それは、
リンダミキちゃんと同じくらいギャルっちい派手目の顔と格好ですので、同じサッカー仲間に・・
その・・・

誤解を生じさせているようなんですね・・

つまるところ・・
リンダが帰った後、仲間内で『リンダは誰狙い?』的な会話が耳につくようになったんです。

more »

たのまんで!

2007.06.24 (Sun)

zyoketuIcon.pngお正月の話です。
俺は女傑家に行ってお汁粉をごちそうになりました。お汁粉は女傑が作ったものではなく、女傑ママが作ったものだったのでちゃんと正常でしたよ。


ただですね・・。


やっぱ、おばちゃんは女傑の母ちゃんですね・・

俺が家に行って、女傑植物園に通されると、すぐにおばちゃんが現われて「ナオちゃん、お餅いくつ食べる?」と訊かれたので俺は「一個」と答え、女傑「三個」と答えたのですが・・

しばらくして出てきたお汁粉にはお餅が四つずつ浮かんでました・・

訊いたら「男の子なんだからそのくらい食べられるでしょ、カッカッカ」ですと。
おばちゃん、俺年越しソバを食べたばっかりやねん・・
まぁ、せっかくなので全部平らげましたがね・・
おかげでしばらく動けませんでした。


more »

パン屋と恋心~最終章~

2007.06.24 (Sun)

yumeyIcon.png結論から言いますと―
ユミィ、パン屋と付き合い始めました
今日、それを報告されました。

いや・・俺もどこがどうなってそうなったかは詳しくは把握できてないんですがね。
なんでも、恋を育んだのは当のパン屋ではなく、近所のコンビニだったそうです。


今年になって半ば諦めモード・・というかあまりパン屋に行かなくなり、徐々に彼のことを忘れていったユミィなんですが、一ヶ月くらい前にたまたま帰りがけに寄ったセブンイレブンで再会したんだそうです。

会った時は彼の方から「最近、店にこないですね?」と言われたんだとか・・

それっから徐々に再燃していったユミィ。帰りにセブンに寄るのが楽しみになったんですって。

んで、彼の方もちょうどコンビニ行く時間帯が重なっていたらしく、一気に親密度がアップしていき・・・今に至るというわけです。

まぁ・・・めでたしめでたし・・なんですが・・
俺としてはいまいち腑に落ちないというか・・なんというか。
だって、・・・なんでコンビニ?
あんなに店に通い詰めといて・・・最後はコンビニ。

その旨をユミィに伝えたところ。
彼女はこう答えます。

「だばっ!パン屋あってこそのコンビニだが!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・。
んん・・まぁわかるようで分からないお言葉。

要するに「パン屋でのスタートあってこそのコンビニでのゴールあり」みたいなことが言いたかったんでしょうね・・きっと。

プリンを作るゾ

2007.06.24 (Sun)

yumeyIcon.png「プリンが食べたい・・」

いつもならユミィの前でそういうと、大抵のものは作ってくれるのですが。
今回は少し違いました。

「じゃあ、教えてあげるから一緒に作ろう」

というわけで・・ミッション。


プリン作り


まぁ・・毎度ながら買った方が早いで~。
という突っ込みはご遠慮くださいね 笑

more »

彼女の耳には

2007.06.22 (Fri)

tottiIcon.pngトッチはいつまで経ってもあまり痩せません。

しかし、トッチは自分が太っていることをとても気にしています。
どのくらい気にしているのかというと。


そりゃぁもう自意識過剰なくらい


まぁ、俺らみたいないつもいっしょにいる奴等に冗談で「デブちゃん」とか言われる分は、本人も親しみこもっていると分かって気にはしないんですが、他所様から言われるのだけは我慢ならないらしいです。

だもんで彼女は街を歩くと、ダンボになります。
周りの声にとても敏感になるんですよ。

この前のことです・・・

その日、俺とトッチは買い物をする為にみんなと待ち合わせていたので、待ち合わせ場所に行くべく、二人で歩いていました。

more »

金取りサンタ

2007.06.22 (Fri)

zyoketuIcon.pngクリスマスの話。

毎年恒例女傑たちと飲めや歌えの大騒ぎパーティに参加してきました。

今年は居酒屋で忘年会がてらということになり・・時間になると、誰かが予約したのであろう店にタケちゃんとともに出向きます(誰が幹事なのか不明です)。

女傑やらせっちゃんやらは俺たちより先に行っていたので俺らが行く頃には既に出来上がってました。

着くとすぐに女傑たちは俺らに絡んできます・・そんな中、俺は女傑の隣に座るように命じられました。

まぁ、そんなこんなで楽しくパーティは開始されたんです・・

・・・が・・・
当然の如く妙な事件発生です。
俺がちょいとトイレに行ったり、他の席の子と話している隙に―

more »

パン屋と恋心6

2007.06.22 (Fri)

yumeyIcon.pngパン屋に恋するユミィがこの度、風邪をひきました。
(過去記事『パン屋と恋心5』参照)

けっこう重症らしく熱が高いそうです。

そこで俺は日ごろからお世話になっているので一人暮らしのユミィの為に出かけていきました。

俺が行くと、すでにベッドの中で呻いているユミィ
そんな彼女が言いました。

「あのね、今日パン買いに行く日なの。毎週行ってるから。だからあたしちょっと出かけてくるね・・・」

・・・・・・はい??
あんた何を言ってるんすか??

「パンぐらい俺が買うてきてやるから寝ときなさい」
病人をわざわざ出かけさせるわけにも行かず、俺はそう言います。

more »

タケちゃんと俺

2007.06.20 (Wed)

sechanIcon.pngたまにふと思うことがある。
タケちゃんと俺・・
ちっさい頃から一緒やったけどタイプは全然違う。

高校入って、
向こうはバリバリのヤンキーになり、俺はごく普通の高校生。
あ~道が変わってきたんかな?と俺は思った。
・・でも一緒にいた。
いっちゃん仲良かった。


うん。


高校卒業してある日、いきなり呼び出されて、せっちゃんと結婚するって言われた。
結婚したら今までみたいに頻繁に遊んで馬鹿騒ぎしたりできなくなるんかな?と俺は思ってた。
・・でも一緒にいた。
な~んも変わらんかった。


うん。

more »

似たもの夫婦

2007.06.20 (Wed)

sechanIcon.png成人の日の話―。

俺がその日二人のもとを訪ねると、タケちゃんとせっちゃんは毎年御馴染みの様になった新成人荒れ模様のニュースを見ていました。

「まったく、クソガキがいきがってんじゃないよ・・」

早くもご立腹モードのせっちゃん
煎餅をかじりながらテレビを睨みつけてます。

「まぁ、新成人って言ってもまだ二十歳やからね」
宥めるように俺は言います。

タケちゃんも俺の言うことにうんうん頷いてきました。
しかし、せっちゃんの腹の虫はなかなか収まらない様子。

「馬鹿言ってんじゃないよ!あたしだってね、十代も二十歳も中身はそんな変わらないことは知ってるけど、それでもここんとこが区切りなんだよ!いきなり大人になれなんてダサいことは言わないけど、いいことと悪いことの区別、やっていいことやっちゃいけないことの区別くらいつけろってんだ」

それは・・もっともです。
グゥの音もでないっすよん・・

せっちゃんは元ヤンキーですけど、こういう締まらないことは嫌いな性質なんです。

だからといって俺たち二人が、新成人でもないのにせっちゃんのお説教を聴かされる・・というのはどうにも腑に落ちないものがありますがね。

more »

セッション?

2007.06.20 (Wed)

sechanIcon.png俺とタケちゃんが最近はまっていることがあります。
それは―


セッションです。


でもセッションて言うのかな・・?
二人でふざけてただ単にでかい声で歌っているだけなんですが。
合唱??
なんにせよこれがまためちゃめちゃ気持ちいいんすよ。
空に響いて。

しかしですね、その歌い出しは突然やってくるので気が抜けません 笑
「あ、今声をはりあげて~な」と思ったところでどっちかが突然歌いだすんですよ。
すると、もう片方がそれに合わせて歌ってくるみたいな・・


しかもその合唱は場所を選びません。

例えばサッカーやってる途中で歌い始めたりもしてます
俺ら二人以外の奴らは何事かと思って見てますがね、つられて歌ってくれる奴もいるけど。

他にも、遊び終わった後、歩いて帰る道端とかね。
ご近所さんに響きまくりっすよ

部屋の中や車の中でなんかめっさ声張り上げてます

皆様の周りで、もし、ミスチルの『Tomorrow never knows』や湘南乃風の『純恋歌』、SunSet Swishの『マイペース』などを酔いしれながら大声で熱唱している二人組みの馬鹿者がいたらそれ俺たちっすわ・・あはは・・

どーぞ、暖かく見守ってやってください。

のぼせあがるまで

2007.06.19 (Tue)

tottiIcon.pngこないだせっちゃんの家に泊まったという記事を書いたのですが、その数日後、今度はトッチも一緒に泊まることになりました。

いや・・・厳密に言うと・・・
酔いどれトッチがその場で動かなくなってしまっただけなんですがね。

その様子は・・・まるで・・・


打ち上げられたトド!


仕方がなく・・というか折角なので俺もついでに泊まっていっちゃうことに。
しかし、酔って眠りこけていたトッチですが、数時間経つと復活してきてなんと動き回るようになったんです。

more »

どっちがすごい?

2007.06.19 (Tue)

zyoketuIcon.pngNHKで動物の生態みたいな番組を女傑ミキちゃん、二人と一緒に観ていた時のことです。

テレビでは珍しいお猿の紹介みたいなのをやっていて、それでは道具を使って、木の実を割ったり、餌をとったりする猿の生態がいろいろ紹介されていました。

それを観て、俺は・・

「すげ~!やっぱり人間て猿から進化したんやな~道具使ってるで!」
と二人に話しかけました。

もちろん二人とも同意してくれて一緒になって驚いてくれると思っていたのですが・・

女傑「ふっ・・と小バカにした笑いをしました。


・・・なんなん?


俺は疑問顔。
なに?俺をバカにしたの?猿をバカにしたの?
そう思っていると女傑は言います。

more »

星空の植物園

2007.06.19 (Tue)

zyoketuIcon.png空気の澄みわたるこの季節。
夜になると星が空に煌めくことも珍しくありません

そんな晴れた夜のこと、暇だったので俺は女傑に遊んでもらおうと彼女の家にでかけました。

家に着くと、おばちゃんが出てきて・・
「ナオちゃん、久しぶり!大きくなったね~今何年生だっけ?」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


・・いや、だからね・・おばちゃん、俺あんたの娘と同級生だから・・
いい加減に・・覚えて~な・・学生終わっとるからね・・


まぁ、俺はいつまでも若々しいけどねキラーン
ガキ臭いだけやろ??という突っ込みはおいおい受けるとして・・

「○○(女傑の本名)だったら庭のプレハブにいるよ」
というおばちゃんの言葉に従って俺は庭に回りこみました。
すると女傑植物園の中、言われたとおり彼女の姿が見えます。

この植物園については・・
(過去記事『ホワイトデーの悪夢』参照)
まぁ・・簡単に言えば女傑家の庭に建てられたちっさいプレハブ小屋ですわ・・彼女はそこで拾ってきた花だとか、気に入って買ってきた観葉樹だとかを栽培してます。

more »

ジャムとママレード

2007.06.19 (Tue)

sechanIcon.pngせっちゃんの(タケちゃんの)家の冷蔵庫には常備、ジャムとママレードが入ってます。

一週間のうち何回かはパン食の時があるそうです。
だもんだから、二人の好みに合わせて、ジャムとママレードが置いてあるというわけです。

どちらがどちらの好みかを説明すると―
ジャムがタケちゃんでママレードがせっちゃんでございます。

そんな二人、こないだ些細なことでケンカをしていました・・

それは、いつも常備してあるはずのジャムが切れたというのが発端になっています。
当然、ジャムが切れたらタケちゃんは困りますよね?
だから、切れたと分かった時点では奥様に「ジャム切れたから買っといて」と頼んだそうなんです。

しかし、それから何日か経って・・
またあくる日のパンの日にタケちゃんはジャムを探したそうです。

けれども、そこにはやっぱりジャムはなく、ママレードだけがあったんだそうです。
タケちゃんは奥様に訊きました。

「なあジャムは?」

せっちゃん答えます。
「あ~忘れちゃった・・マーガリン買ったからそれで食べれば?」


ぷっち~ん


はい・・・きちゃいました。

more »

スーパーモデル

2007.06.18 (Mon)

zyoketuIcon.png女傑と一緒に歩いていると、何故かアンケートによくつかまります。

しかもいつもはめんどくさいことは何一つやろうとはしない女傑なんですが、つかまったアンケートには何故か積極的に答えています。

先日も歩いていると、前の方にお姉さんが一人、紙を持って立っているのが見えました。
あ~またメンドイことになりそうな予感・・と俺が思っていると、案の定でした。


「すいません、少しお時間いいですか?」

俺はめんどくさかったので、女傑に何気なく「嫌だ」のサインを出します。
すると、女傑・・コクンと頷きます。
おぉ!サインが通じたと思った俺・・・しかし、女傑が放った言葉とは。

「おうよ、答えてやろう」


・・・・・・・・・。


サインが通じなかったことはこの際置いといてですね、それよりも俺はいつも疑問に思うのですが、どうしてあなたは何事にも上から目線なんですか・・

・・まぁ、そんなことを今更ぐちぐち悩んでても仕方がありませんがね。
女傑はこういう人ですから。

てなわけで、俺と女傑はアンケートに答えることになりました。

more »

欲しい!!

2007.06.18 (Mon)

mikichanIcon.pngある日、ミキちゃんが言い出しました。

「たったいまピンクのニンテンドーDSが欲しくなった!車で探しに連れてって」

・・・はい?
俺も前はけっこうDSは欲しかったんですが、今はなんとなく熱が冷めてしまい、それほどでもない日々でした。だもんだから・・

「やだよ、めんどくさい」

するとミキちゃんが言います。
「おねがい~。車出してくれたらあんたの分も買ってあげるからさ~」


「お嬢様!」


熱再燃!!
・・というわけで俺たちはDS探しの旅に出かけていきました。
こんな花粉が舞っているなかを。

more »

憧れはあの人

2007.06.18 (Mon)

mikichanIcon.pngせっちゃんの(タケちゃんの)家でみんなでご飯を食べた後、くつろいでいる時にせっちゃんが俺に言いました。

「なあなあナオ、ミキの憧れの人誰だか知ってる?」

「安室だろ?」

「最近もう一人できたんだって」とにやにや。

「へ~誰?」俺は横にいたミキちゃんに訊ねました。
すると―

「え~ちょっと言いづらいんだけど」ともじもじしだすミキちゃん

俺は、そんなん言うのはずかし~!ってのあるわな~と思いながらも気になっているので・・
「なんで言いづらいことあるか!言っちまえ!」と焚きつけました。
するとミキちゃんは言います。
おずおずと・・

more »

 | HOME |  »

meromero park

Livly Island

link banner

懸賞・小遣い ちょびリッチ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。