Love My Princess

俺の姫君を愛してやってください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

W杯応援

2007.06.01 (Fri)

tottiIcon.pngW杯がやっていた時の話。
俺はせっちゃんの家で、せっちゃん夫婦、女傑トッチと観てました。

まぁ、俺が予想してた通りトッチが凄かった。

サッカーもトッチも見逃せませんでした。


まず、俺らは酒とつまみを買って、せっちゃんの家に行きます、十時前に着きました。
そして、みんなで試合が始まるのを待っていたんですが・・
その間に―

何でか知らないんですけど俺らの中学校の時の校歌を熱唱し始めるトッチ
しかも妙な踊りを踊りながら。

胸がぼよんぼよんゆれてます・・腹も。

女傑女傑せっちゃんが作ったイカの味噌煮を一人で食ってます。

そのうちトッチの歌声にタケちゃんが加わり、二人はせっちゃんに近所迷惑だからやめろと説教されてました。

そうこうしているうちに、試合が始まります

試合が始まるとみんな無口になる・・
まぁ女傑は一人でまだイカ食ってましたがね・・

「観ないの?」
と訊くと―

「たまに観る」
とわけわかんないことを言ってくるのでほっときました。

せっちゃん
「これ観なきゃ日本国民じゃねえ!!」
と突っ込まれても・・

「だから、たまに観る」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。



まぁまぁ・・。
話は戻り、試合が始まると次第に俺らもテレビに向かって、かけ声がすごくなってきます。

そして!

日本が最初にゴールを決めた時!



トッチ発狂!!



「うきゃ~~~!!」

叫びながら隣のタケちゃんをぶっとい二の腕で羽交い絞めにしてました・・

・・よかった隣にいなくて・・

そして、それでもおさまらなく部屋中をおっぱいバンバン腹をぼよぼよ動かしながら小躍り。
ある意味、凄い光景です。

しか~し!!

みなさんもみたであろう・・同点を決められた時には・・

またもや・・絶叫!!

そして、ついにラストの方の逆転では・・


「バカタレ!!」


叫びながら隣のタケちゃんの後頭部をぴしゃーんとビンタ!

嘆くトッチに俺は言ってやります。

「まだ取り返せるかもやで」

しかし、それも束の間、相手が三点目を・・



ゴール!!



「ぎゃあああ!!」

トッチは声を張り上げながらがっくしその場に膝をついてしまいました。

俺ももうあかんな・・と思って、かける言葉もなくテレビから離れます。
食卓テーブルに戻りました。
すると―

今までイカを食って、キムチを食って、から揚げ食ってた女傑がテレビを観てるじゃないっすか!!

お~!これが「たまに」か~と思っていたら、テレビには「恒さま」が・・悔しそうにインタビューに答えてました。

そして、俺の視線に気づくと女傑は―

「な、たまに観てるやろ?トッチそこにでかい図体蹲せてたら恒さま観えないで!どいて~な」


意気消沈しているトッチに向かって、そのお言葉・・あ~・・

お前は鬼か!!

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

後半戦の始めは・・なんかオーストラリアがばててるように見えてたのに。。その間に追加点入れてくれてれば。。
結構チャンスあったのに!!
ボール持ちすぎ!!
前半戦のあの川口の頑張りが無になっちゃったよ(´;ω;`)

( ´ー`)フゥー..にわかサッカーファンのえみゅは燃え尽きました。。

次は勝ってね(*´∀`*)

俺もW杯友達と見てたんだけど、選手が写っては「こいついける」とか「いけない」とかばっかり話してた(笑)

サッカーはノンケ友と見なくちゃダメですね(笑)

ミネルヴァたちが

ミネルヴァたちが、残念とかをシュートするの。

えみゅ★さんへ

よかったのは川口と俊輔くらいっすよね。
あとはなにやってんだか・・・
本当にもう勝たないと・・・

りょうさんへ

うむ!
やっぱり普通に盛り上がった方が楽しいっすよ。
その後、エロい流れだったんすよね・・

だめだめ、そんなことしてちゃ 笑

ミネルヴァへ(笑)

まさにその通り!

だってだってぇ~~

そりゃ手を出されたら受けて勃つしかないでしょ?(笑)

りょうさんへ

じゃあ俺も手をだす・・
いや冗談です 笑

「どついて止めさせる」次からはこの方法でどーぞ☆
受けてたってはいけません 笑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

meromero park

Livly Island

link banner

懸賞・小遣い ちょびリッチ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。