Love My Princess

俺の姫君を愛してやってください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立体駐車場

2007.06.11 (Mon)

zyoketuIcon.png今日は女傑が突然―
「買い物に連れてってやろう」と言ってきました。
俺は買うものもなかったし、めんどくさかったので・・・

「いい」とあっさり拒否・・・すると。

「さあ、行くぞ。さっさと用意をしておしまい」



・・・きいちゃいねえ。



半ば強引に近くの大型店まで連れて行かれました。
女傑の運転で
そして、この日、女傑は立体駐車場を選んで駐車することに。

立体駐車場は初めてじゃないんですが、女傑はぐるぐる回るのと、せまいのとであまり得意じゃありません。
それなのに珍しいな・・と思って訊いてみると。

「間違えた。前の車誘導されてたもんやからつい入ってもうた」


アホかい・・・

だけど、すでに駐車券ももらっているので今更引き返すわけにもいかず、とりあえず車を停めます。

帰る時が心配ですが、今は買い物を楽しむことに。
俺たちは、今日はまず食品売り場を覗いて、次に駄菓子売り場、ABCマート、服屋、雑貨屋とプラプラ。
店屋に行くたびに何かしら買っているので荷物も多くなります。

そして、二時間ちょい経って、そろそろ帰ることに。
買い物してる間、忘れてましたが・・・ちゃんと車を出せるのか女傑が心配。
ずっと前なんか駐車場の中で迷ったしね・・

女傑、帰りは気をつけて帰ろうな」と言うと。

「おうよ。まかしとき」

はりきりモードです・・不安だ。

そんなこんなで駐車場。
車に荷物を乗せ、俺たちも乗り込み、エンジンをかけます。

出発です

今日はどうにか間違えることなく、出口へ向かう女傑
前なんか出口行かないで更に上にのぼっていきましたからね。
ほ~っと一安心の俺でした・・しかし!!!!

駐車場を出るとき、駐車券と一緒に買い物したレシートを提示するんですが・・・おじさんにレシートの提示を求められると。

「そんなもん捨てたわ」


・・・・・・・・・・・・・・・・。


なんですと!!

それがなきゃ、駐車が無料になりません!!
それをあろうことか、女傑は捨ててしまったんです。

渋い顔する係りのおっちゃん。
そんなおっちゃんに女傑は今買ったばかりの荷物の一個、熊のぬいぐるみをだして・・

「ほら、これ買ってん!これで許したって~バーコードまだあるやろ?」

なんとも無理のある交渉・・あきらかにちょっと困ってますおっちゃん。
しかも、後ろから車が来て、混雑・・。

俺は焦って、自分の財布の中に何かないか探します。
この日、俺何も買わなかったんですけどね・・・
しか~し、運のいいことに、さっきお茶したときのレシートを発見

女傑、これ!」と言って、女傑にそれを渡すと―

「・・・お、あったんか。」と言いながら「ほら、これで文句ないやろ。さっさと道あけてもらうで」


・・・・・なんすか、その尊大な態度は


おっちゃんも実は人が良かったのかそんな無礼な女傑に「はいはい」と何も言わずゲージを開けてくれました。

そしてようやく帰路へ。
その車中、女傑は・・

「レシート邪魔やったからって捨てたらあかんかったんやな~失敗、失敗」

それを聞いて―
・・いや、あんたが学ぶべき点はそこだけではないかと・・と心の中で呟く俺でした。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

我が道を行く女傑氏に「いい」なんてセリフ聴いてもらえませんよね。笑
でも、立駐に入れる時は大丈夫なのに出る時は大変なんて、
普通逆じゃないかな~・・?
まあ、彼女に普通を求めること自体間違ってるんですけど・・。

やっぱり、なおくんがついていってあげないと心配だね^^;
立体駐車場から出てこられなそう。。

もう・・・お友達になってほしいです女傑さん!!
毎日楽しく過ごせそうv
ぬいぐるみとか買うんですね~。ちょっと意外でした。

なんだか、楽しそうな買い物ですね。
お茶したレシート残っていて良かったですねぇ、もしも無かったら…おじさんと女傑さんのバトルになっていたのかなぁ?マイウェイな女傑さんのこれからが、ますます楽しみです(笑)

真冬さんへ

そうですね~女傑は自分に都合のいいように物事をとらえ、解釈する人ですからね~☆

駐車場は入るときも出るときも苦戦してますよ 笑

はるさんへ

出てこられなかったら出てこられないで、そこに住みつきそうな予感がするのは俺だけっすかね・・・

キョウさんへ

密かに女傑はティディベアを収集してるんですよね。
考えてみれば意外な趣味だ。

昔からだから大して気にしなかったけど。

りこさんへ

いや~たぶん、あのひとのよさそうなおっちゃんがどうにかしてくれたんじゃ・・・女傑が言うと、なんかどうにでもなりそうです。

バーコードでも平気・・・みたいなね。

女傑さんには常識ある人が付き添わないと大変ですね。笑
相手も心の広い(?)おじさんでよかったですね-。

hanaちゃんへ

女傑はたぶん一人でも自分のルールで切り抜けると思いますけどね・・その方法はきっと・・あんまりよろしくない方法だとしてもですけど 笑

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

meromero park

Livly Island

link banner

懸賞・小遣い ちょびリッチ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。