Love My Princess

俺の姫君を愛してやってください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふきふき

2008.02.11 (Mon)

この前、いつも彼氏と使っているホテルが改装で休みでした。
俺らはそのことを知らないで行ってしましました。

俺は別にその日はそれほどやりたい気分でもなく「は~休みなんか~」程度でしたが、隣にいるタッくんは・・・

「ふざけんな!!」

一人憤っておりました

「しゃ~ないやん。今日はエッチなしでデートしよう」
と俺が言うと、タッくんは車内でいきなり・・
俺の手を掴み自分の股間にもっていきます・・・

「勃起がおさまんねえんだよ」

・・・・・・・・・・・・・・・いや、やりたいざかりじゃねんだからさ・・ その後、しぶしぶ買い物コースをたどり大型店に行く俺たち。
タッくんはその間も、股間の位置を気にしています。

ほんまにおさまらんようです

「トイレ、行って直すか~?」
俺が言うと頷くタッくん。

仕方なく俺はトイレに付き添うことに。
すると―。

奴はトイレに誰もいないことを確認すると俺の手をひっぱり個室に連れ込みました。
顔はにやけ顔。案の定―。

「ここでお願い」

「死ね」と俺。

しかし、でっかくなったそれはボクブリから亀頭を覗かせているので放置することもできません。
嫌々ながら立ちながらのセックス開始。
声を抑えながらやってるので大変です。

まぁ色々と一通りのことはできるみたいですね。こんなとこでも。
最後は後ろから挿れられてフィニッシュでした。

発射し終わって、気がつくと床は精子まみれでした。

俺は特に気にすることもなかったんですが・・
タッくんは―

「先に出てて」

言われて俺は先に出て手を洗っていました。
しかし、しばらく経っても個室から出てこないタッくん。
何をやっているのかと俺が見に行くと・・・・


―ちゃんと掃除してました。


トイレットペーパーで。

それを見て俺は・・
なんだかこの人が彼氏でよかったな~とささやかながら思うのでした。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

えらいです

それは大事ですねーi-239

掃除・・・

たっくんとはまだ続いてはったんですねーi-233
なんだかほっこり★

abbyちゃんへ

昔トイレでやった男はそのままにしてたからね~

いくらかっこよくてもね…

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

meromero park

Livly Island

link banner

懸賞・小遣い ちょびリッチ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。