Love My Princess

俺の姫君を愛してやってください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハロウィンで墓参り

2008.11.01 (Sat)

zyoketuIcon.png先日、女傑やみんなと一緒に出かけたとき、ある墓場の前を通るなり、女傑が車を停めるように言い出しました。
何事と思う俺達。
すると女傑は―。

「ここあたしんちの墓あるところや・・。今年は墓参りも何もしてへんからな・・いっちょ拝んどくか・・

「いま
俺は訊きます。

「もうすぐハロウィンだからちょうどいいやろ」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。


ちょうどはよくないと思う・・
そう思うも何も言わない俺 しかし、いざ墓参りをすることになったのはいいのですが、肝心の墓が見つかりません。
その墓場はなぜか、女傑と同じ苗字のひとの墓ばかり(というか・・ほとんど同じ苗字)。女傑に訊いてみてもどれがそうなのか覚えてないと言います。

俺たちはそれでも女傑の記憶を頼りに懸命に探し続けました
しかし―しばらくすると・・

「なんだかなぁ・・めんどくさくなった・・もう一か八かその辺のにお参りして帰りましょ

「なぬっ
全員がそう叫んだ瞬間です。

その後、女傑は適当に一番近くにあった墓に向かって手を合わせていました。
ハロウィンといい、墓の所在地といい・・重ね重ね無礼な女傑です。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

うんうん

お墓の場所ってわかんなくなるよね~(^^;)

しかも女傑ちゃんとこと同じで同じ名字のひとたくさん埋葬されてる墓地ってあるある(~o~)

ふふ、お墓参りでも笑わせてくれるね、女傑はw
同じ名前だから、もしかしたらご先祖は一緒かもしれないよね( *´艸`)
でもぜんぜん関係が無かったらお墓の中の人もびっくりだね(´д`lll)

タッキーさんへ

その墓地はほとんど同じ苗字でした

地域によってそうゆうのあるんですかね

びわこさんへ

確かに先祖はいっしょかも
地域も同じだろうし。

もしくはその地域でその苗字ができたとか

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

meromero park

Livly Island

link banner

懸賞・小遣い ちょびリッチ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。