Love My Princess

俺の姫君を愛してやってください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手づかみですか!?

2009.07.01 (Wed)

zyoketuIcon.png御無沙汰してる間も女傑は相変わらずの奇行っぷりでした。
というか、今じゃそのことに大して疑問も抱かなくなってくるから困りもんです。

春になって女傑の庭の最盛期が訪れる頃、彼女の庭を訪れるのは春だけではありません。
彼女の庭はこの時期、虫の大襲撃を受けています。
こないだの日曜日、俺が遊びに行くと彼女は害虫駆除を始めました。

「夏が近づくと毎年これだからやだのう」
目を細めて葉っぱを睨みつけながら言います。

「こっちこっち!こっちに灰色のでかい芋虫がいる!!!」
俺も一緒になって探していると、遭遇しました。
背筋がぞっとするくらい丸々太った芋虫くんです。

「どこどこ?」
女傑がやってきます。

「ここ!」
俺は指さします。

「ふむ」 「早くその薬で殺しなよ」
俺は女傑の持っていたスプレー式の薬を見ます。

「これは大丈夫だ」
「へ??」
何に大丈夫なのか聞く間もなく・・・・

女傑はむんずと芋虫を手づかみでひっ捕まえました。

「ひぃぃ」
女傑につままれた芋虫はその太い体をくねくねしながら口から黄色い液を吐き出しています。
俺は思わず悲鳴!!!!

そして次の瞬間。
「そいや!!」

ぷちっ

指でその太っちょ芋虫の体をひねりつぶしました!!!!!
女傑の手はその芋虫の体液でべたべた!!

「ぎゃああ」
悲鳴をあげる俺に女傑は言います。
「大丈夫大丈夫。毛虫じゃないから危なくない」

いや!!ちげーよ!!
あぶねーのはおめーだ!!

「俺に近寄るな!!」
黄色い得体のしれない汁を手に滴らせそれを見せる女傑に俺がそう叫んだのは仕方ないことだったと思います。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

おお悪夢が蘇りました(´;ω;`)
高校の時に、稲の植え替え?だったかでプランターを手にして、指が当たる場所に何やらムニュとした感触がすると思いつつもそのまま持ったら・・・
うっかり女傑さん状態になりました(´;ω;`)
それを地でやる女傑さん最強ですo(・Ω・;

つよい!

やっぱり強いな、彼女は。。
私も育ててると虫がつくことがあって、アブラムシみたいのだからそんなに気持ち悪くないんだけど。
芋虫さんはやはり怖いよ><;
私もその場に居たら、間違いなく逃げ出す!

よう

げぇ。。。。と思いながら読んでた。

叫ぶポイントはおんなじ☆

虫は。。。。きもい。。。手でなんて。。考えられん。。

cheiteさんへ

うわ
そりゃびっくりですね

絶対体験したくない感触だぁ
こわすぎる

びわこさんへ

アブラムシは俺も大丈夫になりました
ナメクジもギリかな

芋虫は絶対無理です
色も動きも全部嫌

ようさんへ

ね~
しかも素手でだから本当に恐ろしい

つままれた瞬間くねくねして芋虫自体の叫び声も聞こえるかのようでしたよ悪夢だ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

meromero park

Livly Island

link banner

懸賞・小遣い ちょびリッチ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。