Love My Princess

俺の姫君を愛してやってください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スピードクイーン

2007.05.13 (Sun)

zyoketuIcon.png俺もけっこうなスピードを出しますが、女傑の運転はそれよりもはるかに恐ろしいです。

ある日、買い物に行くと告げると女傑が言いました。

「あたしが乗せてってやる」

う~・・まぁせっかくだから、それを受けることに。
それが悲劇の始まりでした。
俺とミキちゃんは後部座席に座って、出発です。

まず出発前―

「あれ?動かん・・」
といきなりのつまずき!

「なんで?」と俺が見てみると・・
サイドブレーキかけたままです!!

一抹の不安がよぎります。


そして、何とか出発したんですが、大きな道路に出ると女傑はいきなりスピードを出し始めました。
他の車をぐんぐん追い抜いていきます

「ちょ~スピード落として」

と言っても、落としません。
と・・・思ったら、今度はがくんと急ブレーキ!!!

何事かと思ってみてみると・・前の車に追いついた模様。
俺とミキちゃんは後ろで飛び上がりましたよ。

それっからは、前に車がいるので女傑も思うようにスピードが出せません。
女傑は追い抜くのが不得意です。
しかし、しばらくすると・・そのイライラが募ったのか・・


「しばくぞ!!!五十キロのとこ五十キロでで走ってんじゃね~!どこで車の運転習っとんねん!!!」


いや、それが当たり前なんすよ
本当は・・・そう教えられてるはずです。


それでも、命からがら店にたどりつきました。

しかし!
またもや問題発生!
バック駐車が思うようにいきません!
そこでもイライラの女傑はバックなのにスピードフル回転!



が・・ッコん!!



ん?

なんかおかしな音がしたけどとりあえず、形よく今度は入りました。
けれど、外に出てみてみると・・
車止めの縁石乗り上げて、またいでるやん!!!!

それを見た女傑は―

「まぁ・・出るときフル回転させれば問題ないやろ。ほんだら行こ~」



・・・・・・・・・・。



出るときも入れるときも走ってる時もスピードフルスロットルな女傑でした。

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

meromero park

Livly Island

link banner

懸賞・小遣い ちょびリッチ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。