Love My Princess

俺の姫君を愛してやってください

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いけない鍋

2007.05.15 (Tue)

sechanIcon.png鍋をしました。
ヤンキー妻のせっちゃんの家にお呼ばれです。

鍋が基本的に苦手な俺はしぶしぶだったんですけど、行ったらみんないて鍋のお湯とかダシとかもちゃんと用意されていてちょっと楽しくなってはしゃいでしまいましたとさ。

でもせっちゃん、俺に電話かけてきたとき、「今日はちょっと変わった趣向だからこい!」と言ってなかったっけ?

と、傍観気味にみていると肩をつかまれます。

「じゃあ行くか」

え???どこへ???

わけもわからないまま、俺とのタケちゃん、女傑ミキちゃんは車につれこまれました。

ユミィは鍋番の為にそこに残ります。


車でしばらく行くと、いきなりライトを消して、道の脇に車をとめました。
そして、俺たちは真っ暗な周り畑だらけのところへ降ろされたんです。

「ここどこ?」と訊くと―

「大きな声だすんじゃないよ」といいながら一つの畑に入っていくせっちゃん
畑って言ってもビニールハウスの中ですがね。
何をするのか見ていると―

「ほら!野菜回収急げ」


え?????


それはつまり・・・・・え~と・・・



野菜泥棒やん!!



「あかんて!」と俺とタケちゃんは抗議。
しかし、女傑なんかさっさと手伝いはじめてます。
そして、さっさと野菜を回収して車につめこんどる!
俺らの制止はききゃしないっす。
で、つみ終わった後、逃げるように車を発進!

え~~~~マジっすか

しかしですね・・その車内でせっちゃんが種明かし。
「あそこうちのばあちゃんのとこだから。許可とってあるし。今日の鍋のメインは泥棒ごっこだ!」と。

はぁ、一気に力がぬけます。
てか、タケちゃんあんたなんで知らないの??

じゃあ、さっきほいほい気軽に手伝ってた女傑も知ってたってことか~と思って訊いてみると。

「いんや、これっぽっちもしらね」

え?
じゃあなんで手伝ってたんすか!?

「だって・・早く作業しないと農家の人を起こしちゃうでしょ」

となんか可愛らしく言ってやがる・・・
・・こ、こいつは・・・

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

おお、これが鍋の正体

泥棒ごっこ鍋かあ。。
楽しそう!というか、とれたて野菜を使って鍋なんて贅沢だよーw
すばらしいね^^

女傑さん、スゴすぎだねーv-16尊敬するなー、なんか。

好きだわ~♪

こういう発想が出来る人!素敵♪
最高の余興だね!!
私も今度面白余興計画したいわん!
なおくんの周りって面白い友達ばっかりだね!

はるさんへ

土ついたままですからね~美味しかったっす。
最初、何も知らされてないときにいきなりとり始めたときには唖然としましたが。

しゅんくんへ

すごすぎってか、犯罪者ですよねこの域は・・・ある意味。
しかもしれってやってるとこが図太いというか・・・

佳さんへ

おもしろいのはいいんすけどちょっとどきどきはらはらさせられすぎっすよ~
俺、振り回されてる・・・

面白すぎー(笑)  っていうか、タケちゃん
せっちゃんのばーちゃん家分からないってのが
一番間抜けだよー(爆)
何事にも動じない、臨機応変な 女傑はアッパレだね!
また女傑一つ伝説つくちゃったねー ♪

REIさんへ

久しぶりの新作女武者記事でした~でも女傑はまったく変わらないっす。
たぶんあの人は他人の畑だったとしても……あ~……ゴニョゴニョ

しぶしぶを、しゃぶしゃぶと読んで、
本題はいる前から???ってなっちゃった。
聞き間違いどころじゃないな・・・。

ごまさんへ

いやいや、ありますよー!

俺はしょっちゅうです。
んで、そう思い込んでるから案の定意味が通らなくて、再度読み直して気づいたり・・

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

meromero park

Livly Island

link banner

懸賞・小遣い ちょびリッチ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。